スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルネットワークの今後!

ソーシャルネットワークビジネスの今後

人脈を自動的に作る驚異のノウハウで不労所得!

美女12

ソーシャルネットワークはいくつかの企業にとって、
単なる娯楽ではなくビジネスのため真剣に利用されています。

ソーシャルネットワーキングと聞くと多くの人は、FacebookやMySpaceなどの高校生や大学生が集うバーチャルな寄り合いのことを考えるでしょう。

今のところ、多くの企業はSNSにどのような利用価値があるかを静観している状態なのです。

しかし最近は、状況が徐々に変わりつつあます。ある会社ではLinkedIn、FacebookやXINGなどのコミュニティサイトから得られる利益を認めていおり、これらのサイトを利用するその魅力を研究しています。

つまり、自分の情報を公開して、時間を割いてまで利用する価値は何か、ということです。

現状の利用法としては、仕事をさらに効果的に行い、
キャリアアップの助けとなるコネを作るという利用方法です。

また、ソーシャルネットワークビジネスとして、企業がソーシャル・ネットワーキングの分野のサイト運営で成功するためには、企業は自分の顧客をよく理解し、業界を調査した上で、顧客の参加の見返りとして何を提供できるかを研究するための運用をする必要があります。

すべての企業が商品の熱狂的ファンを持っているわけではないからこそ、自社の顧客が本当は何に関心を持っているかを見つけ出すためのマーケティング手法として利用するのです。

顧客を自分たちのコミュニティに誘うためには心に訴える必要があります。

顧客がもっとも関心を持っている事柄に焦点をあわせる必要があるのです。

ところで、「ソーシャル・ネットワーク」という映画がありますが、内容は、Facebookの創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグが恋人と喧嘩別れしたところから始まって、その後Facebookを開発し成功していく過程で、アイデアを盗まれたことによる訴訟、共同創設者との仲たがいによる2つの訴訟が展開されながら過去にフィードバックしていくというあらすじです。

ソーシャル・ネットワークを題材にしているだけあって、テーマはやはり「人対人」です。

FacebookやTwitter、mixi等のソーシャル・ネットワークは、ビジネスにとっても、これからのコミュニケーションや人脈作りに欠かせないツールであり、これからますます需要が増えていくことになるでしょう。

ただし、これをネットワークビジネスに利用しようとしたあるグループの派手な勧誘行為があったため、
ネットワークビジネスで自分から勧誘を仕掛けていく利用が規制されつつあります。

このようなソーシャル・ネットワークで直接的に勧誘をしなくても、相手から勝手に申し込んでもらえるノウハウがあります。

人脈を自動的に作る驚異のノウハウで不労所得!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

近伸彦

Author:近伸彦
あなたの成功請負人@近伸彦と申します。

お金も人脈もない普通のオッサンの私がネットワークビジネスに挑戦!

現在、インターネットのみの展開で組織拡大中です。

毎晩焼き鳥屋で飲み明かしていた私が、突如ネットワークビジネスに開眼し豊かさを手にしたノウハウを今ここに大公開!!!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
美女17

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
自動相互リンク